UE4 の次は Cococs2d-x を

オープンソースカンファレンス 2015 Okinawa(OSC 2015 Okinawa) にて
【Unity 5 や UE4 などのゲームエンジンを利用してみて】
というタイトルで、発表することになっていますが、今度は cocos2d-x に触れていくことにします。

http://www.ospn.jp/osc2015-okinawa/

沖縄では Unity 使用率がかなり高い感じはしますが、他の県のゲームエンジン使用率ってどうなんでしょうか。

私の感覚だと、沖縄でゲームを作っている方々のゲームエンジン使用率は、Unity 9.0割、UE4 0.1割(というか一人しか知らない)、その他 0.9割 ぐらいかなーと。

本土の方のお話を聞くと、Cocos2d-x の使用率が上がってるとか。

Cocos2d-x をとりあえず Install してみて思ったこと

Cocos2d-x は CUI でプログラムしたことない人にとってハードルが高いのかなーって思ったり思わなかったり。

インストールするときは terminal での操作が必要だしね。
Cocos2d-x をダウンロードして、terminal で、

そして、Android SDK などの path を terminal上で指定したりとしないといけない。

CUI で操作が慣れているひとにとっては簡単なことなんだけど、「ゲームつくりたい!けど、今までパソコンでそれっぽいしたことない!」という人々にはやっぱりハードルが高いのかなと。

私が所属している 琉球大学の情報工学科では 1年次の頃から CUI でコマンド叩いたりするような授業もあるが、そういう学生にとっては難しくはないんだけどね。
(など言ってますが、私自身4年次の研究室配属まで cd cp rm ls ぐらいしかできませんでしたorz)

そう考えると、Unity はそういう壁を取っ払って触ることができるから、入り口はだいぶ広い印象を受ける。

Unity は環境揃えるのも簡単だしね。Unity Installer をダウンロードしてクリックして終わるから。

GUI で何もかもできるのが、 Cocos Studio や Cocos なのかなー?
触れたことはないので、なんとも言えないが。
(もしかして、発表のため触れたほうが良さそう?)

tutorial 終わったら考えるか。

OSC 2015 Okinawa まであと10日・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です