マイナー・スケールはややこしや

今日は妙に音楽に詳しい1年次の子と音楽について話をしてました。

お題になったのは、音階の平均律や純正律、微分音階のお話。

あとは、スケールのお話で1.5時間ぐらい盛り上がっていました。

先日、サウンド勉強会で音階の話をしましたが、そのときに教えたのがメジャー・スケールとマイナー・スケールのお話でした。

ナチュラルマイナー・スケールを教えたのですが、マイナー・スケールには他にも

ハーモニック・マイナー・スケール
メロディック・マイナー・スケール

と様々な音階ががが

完結にまとめると、
ハーモニック・マイナー・スケールはAマイナーのとき
A B C D E F G# A
ナチュラル・マイナー・スケールの7度の音を半音上げ

メロディック・マイナー・スケールはAマイナーのとき
(上向型) A B C D E F# G# A
(下向型) A G F E D C B A

上向と下向では音階がかわるので厄介
下向は、 ナチュラル・マイナー・スケール
上向は、 ナチュラル・マイナー・スケールの6度、7度の音を半音上げ
もしくは、 メジャー・スケールの3度を半音下げ

うーむ・・・

結論
メジャー・スケール楽ちんだね!!
(でも作りたいのはマイナー調の曲orz)