Golang の test について

新人研修で iOS アプリケーション開発のため swift 触ったり、API サーバを構築するために Golang 触ったりと、もはや Unity どこいったというぐらいいろんなことやっています。どうも Masa です。

はじめてのうぇぶあぷりけーしょんかいはつということで、うぇぶあぷりけーしょんの仕組みからまず勉強しないといけないという事態。

Golang で Test を書くときどのように書いたらいいのか調べたのでまとめてみた。

参考 URL
http://qiita.com/Jxck_/items/8717a5982547cfa54ebc

sum.go

sum.go に足し算する関数 Sum を書いて実験

sum_test.go

sum が正しいかどうかのテストコード。
テストしたいファイル名に _test をつけるのが Golang の流儀みたいです。

テスト関数(ここでは TestSum)には必ず 引数に *testing.T を引数にとるのがルール。

goDoc – testing
https://godoc.org/testing

実際にテストしてみる

Golang は言語レベルで Test をサポートしているので、

と実行するだけでテスト関数を全て実行してくれる。

テスト時 sum_test.go 内に fmt.Println(actual) を記述しているのに、標準出力には Print されないみたい。

-v オプションをつけると、テスト中でも Print してくれる。

Golang についていろいろと学んだので、土日にもかけたら書く(書くとは言ってない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です