Golang + glide + vim の環境構築

Golang の test について書いたけど、そういや導入について何も書いていなかった。せっかくなのでまとめていきます。

Mac でのGolang の環境構築と Golang のパッケージ管理ツール glide について書きます。

また、vim で Golang を書くときの設定なども書いていきます。

Golang の環境構築

brew でさくっと Golang をインストールしてください。

(私は zsh を使っているので) .zshrc に Golang のソースを保存するディレクトリと、実行ファイルを入れておきたいディレクトリに GOPATH と PATH を通しましょう。

もちろん、それらのディレクトリは事前に自分で作っといてね。

PATH を通したら Golang の環境構築は終了です。

何かしら Golang のパッケージを install したときに GOPATH 以下に、src、bin、pkg というディレクトリが作られます。

ちなみに Golang のパッケージを install するときは以下のコマンド

Golang の Web Framework 、echo を install したい場合は以下のようにコマンドを打てばいいです。

なお、Golang での開発プロジェクトは、GOPATH/src の中に保存してください。

go get したあとは go のコードに

と宣言すれば、パッケージが使えるようになります。

glide の利用

glide は Golang の vendor package manager です。
パッケージ管理だと思えばいい(はず)
glide を利用することで、プロジェクト内に様々なパッケージがインストールできます。
また、パッケージのバージョンを固定することもできるので、複数人で開発するときパッケージの管理なども簡単にできます。

まず glide を利用するためには brew で install してください。

プロジェクトのディレクトリ内で

を実行すると、そのプロジェクト内で使用されているパッケージの一覧が glide.yaml に保存されます。そして、

すると、使用しているパッケージとそのパッケージと依存関係のあるパッケージ全てがプロジェクト内にインストールされます。

プロジェクト内に vendor というディレクトリが作られ、その中にパッケージが install されます。
(.gitignore などで vendor も git の管理対象外にすることを忘れないでね)

tree コマンドで表示(brew にあるよ!)
glide init, glide install 後のプロジェクトのディレクトリ構造

ちなみに echo パッケージを go get 、glide get してきた場合、glide get (vendor)が優先的に読み込まれる仕様です。

Golang を書くときの vim の設定

vim で Golang を書くときは、vim-go を入れることをオススメします。
go get で vim-go をいれましょう。

そして、.vimrc 内には以下のコマンドを記述してください。

Golang の syntax highlight が有効になるのと、保存時自動的に import にパッケージを補完してくれます。
また、Golang の記述ルールに則ってソースが自動的に整形されるようになります。
(他にも実はなにかあるのかもしれない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です