『発達障害グレーゾーン』読了

今日一日なにもやる気が起こらなく、ずっと布団の上に・・・

気分の上下がとてもつらいですね。低いときは何もできないですね。

そんななか、ブログだけはとりあえず残りのパワーで書いていこうと思います。

 

書籍紹介 

発達障害グレーゾーン (扶桑社新書)

発達障害グレーゾーン (扶桑社新書)

 

 実は私もこの本を読んで、ADHD や ASD じゃないのかな?と通院先のお医者さんに相談しようと思いました。

この本のおかげで、私は ADHD としてラベルがつけられ、正直なところ一安心しています。

 

ただ、この書籍に出てくるひとたちは、あくまでもADHDっぽいと診断され、自分の資質は一体何なんだろうかと悩んでいる人たちが出ています。

たぶん、自分も認められていなかったら、本当にどうなっていたんだろう、もっと悩んでいるんじゃないのかなと思います。

 

自分自身のことを「なんかおかしい」「発達障害とかなのかな?」と考えたことある方々は、ぜひとも読んでみるのもいいと思います。また、そうじゃないひとも、どのような思考なのか、この本で覗いていただければ幸いです。